龍馬伝1話:上士と下士【恨みからは何も生まれない】

龍馬伝1話

龍馬伝の1話~48話は、3つの動画配信サービスでみれます。

龍馬伝がみれる動画配信サービス

  • U-NEXT(ユーネクスト)
  • TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)
  • music.jp(ミュージックジェイピー)
過去の大河も配信中
U-NEXT:NHKオンデマンド

いますぐ龍馬伝を観たいなら、U-NEXT(オンデマンド経由)がおすすめです。

龍馬伝以外の大河も無料でみれます。

\大河ドラマが無料(30日間)/

クリックすると公式HPに移動します

この記事を書いている人
登場人物

2022年9月14日の情報です。

この記事でわかること(目次)

史実:上士と下士の関係性【もっと楽しむ】

上士と下士の関係性
上士と下士の関係性
キャベツ太郎

1話では、土佐藩の上士と下士の問題にフォーカスした内容となってます。

上士(じょうし)は、武士の身分のひとつ。江戸時代の上級藩士である。上士や平士、郷士などと分けたときの最上位の家格のことである。

引用:Wikipedia

関ヶ原の戦い(1600年)で東軍側についていた山内一豊。功績を認められ土佐一国を与えられました。

ココがポイント

関ケ原の戦いの後、土佐は4万石から24万国になりました。

山内家は、旧長宗我部の侍を取り込む必要性に迫られ、上士郷士という身分制度を導入しました。

理不尽な制度でしたが、江戸時代は不満を口にするものもおらず、日常化。しかし理不尽な制度をぶち壊したのが、坂本龍馬です。

上士と下士【龍馬伝1話の概要】

上士と下士

龍馬伝1話:上士と下士

1話は「上士」「下士」の階級社会に苦しむ、土佐の物語です。

1話は、龍馬の幼少期~青年期までが描いてます。

時代は1882年(明治15年)。三菱創立者、岩崎弥太郎のパーティーシーンから始まります。

弥太郎は、パーティーで、坂崎紫瀾(明治期のジャーナリスト)から、龍馬について聞かれます。

弥太郎はすぐに答えます。

弥太郎「龍馬はのう、わしがこの世で、一番キライな男だった。」

弥太郎「能天気で、ひとさらしで、自分勝手で、オナゴに好かれて」

弥太郎「あればー腹のたつ男は、どこにもおらんじゃき!はははは

2話に続く。

恨みからは何も生まれない【龍馬伝1話の見どころ】

恨みからは何も生まれない

個人的な見どころは「恨みからは何も生まれない」というシーン。

上士にガチギレの弥太郎が、龍馬に言われた言葉です。

この言葉は、龍馬の母から教わったもの

龍馬の母は身体が弱く、上士が原因で病気が悪化、死亡します。

ある日、弥太郎は酒に酔い、上士の山本十兵衛とぶつかります。

切られそうになる弥太郎を助ける龍馬。

キャベツ太郎

弥太郎をかばい、山本十兵衛に殴られ、龍馬は流血します

弥太郎「お前の母は、上士にこ○されたのに、なんで上士を恨まないんじゃ!」

龍馬「わかっていることは、喧嘩じゃかわらんことぜよ。上司と喧嘩しても、何一つかわらない

龍馬「母が教えてくれた。憎しみからは、何も生まれない。」

例えば、夫婦喧嘩でも、仕事でも、怒りに任せて喧嘩しても、何も生まれません。

状況は何一つ変わらないし、誰も得しません。

キャベツ太郎

わたしも、龍馬の母から、大事なことを学んだ気がします。

龍馬伝1話を無料でみれるサイト【U-NEXTがおすすめ】

龍馬伝の1話~48話がみれるサイト

龍馬伝の1話~48話がみれるサイト

龍馬伝の1話~48話は、3サイトで視聴可能です(2022年7月現在)

龍馬伝をみれるサイト

  1. U-NEXT(ユーネクスト)
  2. TUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)
  3. music.jp(ミュージックジェーピー)
キャベツ太郎

今すぐ、龍馬伝がみたいなら「U-NEXTのNHKオンデマンド経由」がおすすめ。

NHKオンデマンドで観れる、過去大河ドラマはこちらから確認できます。

おくさん

おうちの大画面のテレビで龍馬伝をみたいなら、ツタヤディスカスがおすすめ。

龍馬伝1話

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)