龍馬伝3話:偽手形の旅~【福山雅治の大河ドラマ】

龍馬伝3話

龍馬伝の1話~48話は、3つの動画配信サービスでみれます。

龍馬伝がみれる動画配信サービス

  • U-NEXT(ユーネクスト)
  • TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)
  • music.jp(ミュージックジェイピー)
過去の大河も配信中
U-NEXT:NHKオンデマンド

いますぐ龍馬伝を観たいなら、U-NEXT(オンデマンド経由)がおすすめです。

龍馬伝以外の大河も無料でみれます。

\大河ドラマが無料(30日間)/

クリックすると公式HPに移動します

この記事を書いている人
登場人物

2022年9月14日の情報です。

この記事でわかること(目次)

史実:手形はパスポートのようなもの【もっと楽しむ】

手形はパスポート
手形はパスポート
キャベツ太郎

龍馬伝3話には、弥太郎が脱藩実行します。そのとき通行手形を偽造するシーンが描かれてます。

通行手形(つうこうてがた)は、近世の日本で人が旅をしようとするときに、許可を得て旅行していることを証明した物。関所を通過するための通行証に相当する。

番所(ばんしょ)とは、警備や見張りのために設置された番人が詰めるために設けられた施設。通行人や荷物の取り締まりを行い、領民や物資の領外への流出を阻止したり徴税を行ったりした。

引用:Wikipedia
ここがポイント
  • 江戸時代には、各地に関所や口留番所が設置され、人の移動は厳格に制限された。
  • 関所は空港の通関みたいなもの。番所は警察の交番みたいなもの。
  • 手形には氏名・年齢・居住地のほか,所属する旦那寺や旅の目的などが記載されている
  • 旅の道中で怪我や病気になる可能性もあるので、遺言的な役割も合った
  • 知らない土地で怪我や病気になっても、往来手形で医者の診察を受け、家に帰れる救急車的なシステムが江戸時代にあった

廃藩置県(はいはんちけん)が実施される、明治4年7月14日(1871年8月29日)まで、日本は藩ごと管理されていました。

当時の藩は、国のようなもの。

例えると、静岡から東京に行くことが、日本から台湾に旅行する感覚と同じだったのです。

なので、関所や番所で、身柄チェックをする必要がありました。

その際に使ったのが通行手形です。幕末には、全国で46の関所があったそうです。

偽手形の旅~【龍馬伝3話の概要】

 龍馬伝3話:偽手形の旅~

偽手形の旅~:龍馬伝3話の概要

キャベツ太郎

龍馬伝の3話は、龍馬が土佐を出て、江戸に向かう道中の話です。

坂本龍馬(福山雅治)は千葉道場での剣術修行を目的に、土佐藩から江戸行きの許可を得ました。

幕末の移動手段は、徒歩と船。当然、現代のように車も列車もありません。

江戸から土佐まで、およそ800キロ…気の遠くなる距離ですね。

キャベツ太郎

毎日歩いても30日間かかります。

道中、岩崎弥太郎(香川照之)と遭遇します。

弥太郎は、龍馬が江戸に行くことを羨ましいと思っておりました。

「わしも勉強しに行くぜよ」とニセの通行手形を作り、龍馬についていきました。

しかし、最初の番所で弥太郎が手形を示すと、役人は手形を不審に感じます。

そして、その役人は、専門家を呼び…

弥太郎の手形は偽造なので、もしニセと発覚すれば、パスポート偽造、ということで、龍馬も厳罰されるかもしれません。

弥太郎は、龍馬が自分の罪に巻き込まないようにするため、大芝居を打ちます。

龍馬のことを「前の晩に旅籠で知り合っただけの赤の他人」と言います。

本作は、弥太郎が「龍馬なんて大嫌いじゃ」と嫉妬するシーンが多くあります。

しかし、ほんとは大好きなんだと、感じさせるシーンです…

48話(最終回)を観たあとに3話を観ると、心に来るものがありますね。

4話に続く。

龍馬伝3話の動画を無料視聴できるサイト【お試し】

龍馬伝の1話~48話がみれるサイト

龍馬伝の1話~48話がみれるサイト

龍馬伝の1話~48話は、3サイトで視聴可能です(2022年7月現在)

龍馬伝をみれるサイト

  1. U-NEXT(ユーネクスト)
  2. TUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)
  3. music.jp(ミュージックジェーピー)
キャベツ太郎

今すぐ、龍馬伝がみたいなら「U-NEXTのNHKオンデマンド経由」がおすすめ。

NHKオンデマンドで観れる、過去大河ドラマはこちらから確認できます。

おくさん

おうちの大画面のテレビで龍馬伝をみたいなら、ツタヤディスカスがおすすめ。

龍馬伝3話

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)