佐藤健:龍馬伝 5話「黒船と剣」【大河ドラマを無料で見る方法】

龍馬伝5話

龍馬伝の1話~48話は、3つのサイトで、無料視聴できます。

龍馬伝が見れるサイト

  • U-NEXT(ユーネクスト)
  • TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)
  • music.jp(ミュージックジェイピー)

ページ下部に「ツタヤディスカス」と「music.jp」のリンクあり

いますぐ龍馬伝を観たいなら、U-NEXTがおすすめです。

\31日間完全無料/

本サイト限定リンク

2022年5月1日時点の情報です。最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

福山雅治ファン見どころ
✔ 青年龍馬を演じる福山雅治。異国の驚異を見せつけられた、まるで初めて新幹線を見た子供のように純粋な龍馬を見ることができます。

この記事でわかること(目次)

史実:アメリカ合衆国のアジアへの進出【龍馬伝5話をもっと楽しむ】

龍馬伝5話には、黒船来航の様子が描かれてます。なぜ、ペリーは日本に来たのでしょうか。それは、世界情勢を知ることで解決できます。

産業革命を迎えた西ヨーロッパ各国は、大量生産された工業品の輸出拡大の必要性から、インドを中心に東南アジアと中国大陸の清への市場拡大を急いでいたが、のちにそれは熾烈な植民地獲得競争となる。

引用:Wikipedia
ポイント
  • 黒船来航は、アジア進出のため
  • 捕鯨船の物資補給を目的とした寄港地の確保
  • ペリー1年前から日本遠征の具体的な計画していた
  • 任務成功のため産業先進国の軍事力を見せつけた
  • 交渉は清国同様、恐怖交渉が効果的と考えていた
  • 長崎上陸を避けた理由はオランダの妨害を避けるため

ペーリーは、開国という目的達成のため、きちんと戦略を練って開国を進めました。

圧倒的軍事力による交渉、リスクリバーサル、競合調査。

現代においても、事業成功に関わる、重要なビジネススキルを、ペリーは日本に実施していました。

結果、日本中は黒船来航に腰を抜かし、開国することになります。

あらすじ【龍馬伝5話 黒船と剣】

龍馬伝の5話は、ペリー来航のお話です。
黒船という圧倒的軍事力を見せつけられた龍馬。この時「刀は時代遅れになる」と感じ、武士時代の終わりを想像ました。

黒船が浦賀に停泊し、アメリカと幕府が開国への交渉を始めます。

アメリカ:新書を受け取れ
日本:まずは長崎へ行け

長崎はオランダが介入してくると睨んでいたアメリカ。

幕府側も、どうしていいのかわからず、この繰り返しに。

また、交渉の場に、ペリーは現れませんでした。

清国との交渉成功経験から「恐怖交渉のほうが効果的」とペリーは考えてました。

人々は、慌てて戦の支度を始めます。

しかし戦から200年以上遠ざかっていた江戸幕府。

民は「戦」の方法がわかりません。

坂本龍馬(福山雅治)も広之丞(ピエール瀧)と黒船の奇襲に備え、江戸の海岸の警備にあたります。

しかし、世界が見たいと、龍馬は黒船のある浦賀へ向かいます。

たまたま、浦賀の海岸で、龍馬は、桂小五郎と出会います(笑)

黒船の大きさに仰天する龍馬と桂。

帆もないのに動いている船、初めて見る蒸気船です。

岩のような黒船に何することもできず、ただ黒船の通過を見守るしかできませんでした。

無力、あまりにも無力

龍馬は黒船の圧倒的圧力から立ち直れず、桂を訪ね相談をします。

桂は龍馬に伝えます。

桂「もし異国と戦になれば、剣など役に立たん。」

桂「攘夷なんて、できない」

桂「異国と仲良くするしかない」

それを聞いた龍馬は、道場に通っても剣の修行が身が入らなくなります。

フリーザ第二形態の時の絶望感ですね。
刀では、船に触ることもできないです。

龍馬「わしは、なんのために剣術しているのかわからんぜよ」

龍馬「ちちうえ、おとめねいやん」

龍馬は新しい道を、探していきます。

龍馬伝5話の動画を無料視聴できるサイト【福山雅治 大河ドラマ】

龍馬伝の1話~48話は、3つのサイトで無料視聴が可能です(2022年5月現在)

龍馬伝を観れるサイト

  • U-NEXT(ユーネクスト)
  • TUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)
  • music.jp(ミュージックジェーピー)

動画配信サービスなら、ウィルス感染・広告がないので、ストレスなく動画を楽しめます。

\以下特別ページから5分で開始/

リスクなし!いつでも解約可能です。

龍馬伝5話

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)
閉じる