福山雅治:龍馬伝 6話「松陰はどこだ?」【大河ドラマを無料で見る方法】

龍馬伝6話

龍馬伝の1話~48話は、3つのサイトで、無料視聴できます。

龍馬伝が見れるサイト

  • U-NEXT(ユーネクスト)
  • TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)
  • music.jp(ミュージックジェイピー)

ページ下部に「ツタヤディスカス」と「music.jp」のリンクあり

いますぐ龍馬伝を観たいなら、U-NEXTがおすすめです。

\31日間完全無料/

本サイト限定リンク

2022年5月1日時点の情報です。最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

福山雅治ファン見どころ
✔吉田松陰(生瀬勝久)との絡みは、本作ではこの回だけ。黒船に乗り込んでアメリカに渡ろうとしたり「わっしも異国を学びたい」という龍馬に、いきなり殴りかかったり…吉田松陰は破天荒な人だったんですね。

この記事でわかること(目次)

史実:吉田松陰とはこんな人【 龍馬伝6話をもっと楽しむ 】

龍馬伝6話には、吉田松陰(生瀬勝久)が登場します。

吉田 松陰(よしだ しょういん)は、日本の武士(長州藩士)、思想家、教育者。山鹿流兵学師範。明治維新の精神的指導者・理論者。「松下村塾」で明治維新に重要な働きをする多くの若者へ影響を与えた。

引用:Wikipedia

吉田松陰といえば松下村塾。

松下村塾の門下生としては、高杉晋作、伊藤博文、山県有朋、品川弥二郎、桂小五郎、など有名な維新志士がたくさんいます。

松蔭はこんな人
  • 松陰の考え方の元となったのが孟子
  • 松蔭は「行動」と「志」を大切にしていた
  • 松陰は老中暗殺計画を自ら告白して斬首刑になる

あらすじ【龍馬伝6話 松陰はどこだ?】

龍馬伝の6話は、なぜ剣術を学んでいるのか、その本質に気づく話です。そのきっかけとなったのが、吉田松陰です。

龍馬「刀は時代遅れじゃ」

千葉定吉(里見浩太朗) に発言したことで、千葉道場を追い出された龍馬(福山雅治)。

毎日、道場に行くふりをしてました。

同居していた広之丞(ピエール瀧)に、サボってるのがバレるとまずいからですね。まるでリストラされたサラリーマンのようです。

龍馬は、黒船のことが頭から離れずふ悩む一方。

なので、再び桂小五郎(谷原章介)に相談します。

すると、桂は吉田松陰(生瀬勝久)にこそ話を聞くべきだと言います。

桂は吉田松陰の「松下村塾」の生徒でした

ある日、松蔭から桂に手紙が届きます。

「わたしは黒船に乗り込む」という内容。

そんなことをしたら、死罪に問われます。

桂は龍馬を呼び出し、松陰を止めるため、探しに出る。

海岸で松陰を見つけたとき、小舟に乗り込もうとしていました。

松蔭「海の向こうに何があるのか、自分の目で確かめたいんじゃ」

学問は実践して初めて習得できると考えていた松蔭。
行動第一主義がここに現れてますね。

松蔭たちは黒船に小舟で乗り込んだが、アメリカ人に乗船拒否をされてしまいました。

結局、松蔭の目論見は失敗に終わり、幕府に自首した。

龍馬伝6話の見どころ【福山雅治 大河ドラマ】

6話は、武市半平太に注目すると今後の話が面白く感じる、と思いました。

なぜなら、武市が尊皇攘夷への道を進むきっかけとなる内容だからです。

武市は、吉田東洋(田中泯)から、才能を買われていました。

ある日、東洋は武市に問います。

吉田東洋「本当に異国と対等に戦えると思うか?」

武市「異国など断固打ち払うべきです!」

吉田東洋「日本が海外渡航すらできないでいるのに、アメリカは向こうは当たり前のようにやってくる」

吉田東洋「それだけで両国の力の差は歴然だ。」

吉田東洋「武市、その程度のおとこじゃったか。それがわからんとは、、、」

武市と正反対の意見を持つ吉田東洋を恨むようになり、人格も変わっていきます。

ネタバレになるので控えますが、武市の人生は、ここから大きく変わります。

続きを見たい人はこちら。

龍馬伝6話の動画を無料視聴できるサイト【無料お試し】

龍馬伝の1話~48話は、3つのサイトで無料視聴が可能です(2022年5月現在)

龍馬伝を観れるサイト

  • U-NEXT(ユーネクスト)
  • TUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)
  • music.jp(ミュージックジェーピー)

動画配信サービスなら、ウィルス感染・広告がないので、ストレスなく動画を楽しめます。

\以下特別ページから5分で開始/

リスクなし!いつでも解約可能です。

龍馬伝6話

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)
閉じる