香川照之:龍馬伝9話「命の値段」【大河ドラマを無料で見る方法】

龍馬伝9話

龍馬伝の1話~48話は、3つのサイトで、無料視聴できます。

龍馬伝が見れるサイト

  • U-NEXT(ユーネクスト)
  • TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)
  • music.jp(ミュージックジェイピー)

ページ下部に「ツタヤディスカス」と「music.jp」のリンクあり

いますぐ龍馬伝を観たいなら、U-NEXTがおすすめです。

\31日間完全無料/

本サイト限定リンク

2022年5月1日時点の情報です。最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

福山雅治ファン見どころ
✔ 千葉定吉から「死にがいのある生き方をせねばならぬ」と教えられた龍馬は、この頃から「命を無駄にしない」生き方を実践していました。9話では、親友 山本琢磨を無駄死にさせないよう、龍馬は翻弄します。

この記事でわかること(目次)

史実:山本琢磨の懐中時計事件【龍馬伝9話をもっと楽しむ】

龍馬伝9話は、山本琢磨の懐中時計事件が描かれております。
これも実話です。武市半平太の土佐勤王党から逃走し、函館へ。自ら刀を捨て、日本人初の司祭となった人物です。

沢辺 琢磨(さわべ たくま、天保5年1月5日(1834年2月13日) – 大正2年(1913年)6月25日)は日本ハリストス正教会初の正教徒(ハリスチャニン=クリスチャン)にして最初の日本人司祭である。聖名(洗礼名)はパウェル(パウロ)。沢辺姓を名乗る前は山本琢磨。

引用:Wikipedia
山本琢磨はこんな人
  • 武術に優れ、鏡心明智流の師範代となる
  • 拾った金時計を時計屋に売ったら盗難品だった
  • 史実では龍馬と武市に逃がしてもらった

あらすじ【龍馬伝9話 命の値段】

龍馬伝の9話は、千葉道場に戻った坂本龍馬(福山雅治)が、山本琢磨の懐中時計事件に巻き込まれる話です。

予定より2年以上も遅れ、千葉道場に戻った龍馬。

千葉定吉(里見浩太朗)に土佐でなにかあったのか?と聞かれます。

龍馬「父を亡くしました。」

定吉 「そうか」

龍馬「けんど、父は精一杯生きておりましたき、幸せだったと思います」

定吉「人は、皆いつかみな死ぬ」

定吉「だからこそ、死にがいのある生き方をせねばならぬ」

龍馬は、父・坂本八平(児玉清)が無くなる前に教えられた言葉を思い出します。

八平「この世に生まれたからには己の命を使い切らんといかん」

八平「使い切って生涯を終えるがじゃ」

龍馬「わたしは必ず、そのような生き方をしてみせますきに」

定吉「そうか」

父・八平も千葉定吉と同じことを言っていたことを思い出す龍馬。
この言葉は、龍馬が時代を動かす原動力になりました。

一方、武市半平太(大森南朋)は桃井道場の塾頭になっていた。

たったの半年で塾頭になるスピード出生。

出世を喜ぶ龍馬をある会合へと誘いをかけます。

全国から集った「攘夷運動」を語る、武士達の集会です。

そこで出逢ったのは、桂小五郎(谷原章介)です。

桂さん、、、どこにでも出没するのね

長州藩や水戸藩では、攘夷の動きが活発で、お偉い様を通じ、幕府に意見しています。

一方、土佐藩は、幕府どころか、土佐に帰ればお殿様に会うことすらできません。

この集会で、武市の尊皇攘夷心は、燃え上がっていきます。

そんな中、山本琢磨の懐中時計が起こります。

懐中時計事件とは、 山本琢磨が拾った時計を質屋に売ったら盗品で、責任をとって、切腹させられそうになる事件です。

武市「 琢磨 、腹をを切りや」

以蔵は山本琢磨と親友なので、切腹させたくありません。

だから、龍馬に助けを求めます。

それを聞いた龍馬は、すぐに武市に会いに行きました。

龍馬「これを返して、あやまって、許してもらえばええ。ただの時計じゃろ?」

龍馬「攘夷のために、仲間を殺すのか?」

このまま山本琢磨を許せば、土佐で攘夷活動ができなくなるので、武市は再度切腹を申し付けます。

切腹前夜、山本琢磨の部屋に龍馬が現れます。

にっこりと笑顔の龍馬。

龍馬「こっからさきは、おまんの自由じゃ琢磨」

龍馬「簡単に命を捨てるがは、もったいないがじゃ」

龍馬「お前はもう、土佐には戻れん」

龍馬「きっとどこかに、お前の生きる場所があるきに」

龍馬「卑屈(ひくつ)になってもいかん、どうどうと生きや!」

龍馬は、用意していた船とお金を差し出した。

山本琢磨「すまん、すまん」

武市は、山本琢磨の脱走を止められず、責任をとるため土佐に戻ります。

武市「たくまを逃したのはおまんじゃろ、龍馬」

武市が激怒しなかったのは、本当は山本琢磨を切腹にしたくなかったからです。

武市「おまんは友達だけと、もうわしの邪魔はすんな龍馬」

龍馬「琢磨の命が目先のことじゃろか。そんなこというがは、鬼ぜよ」

武市「鬼になってこそ、大きいことが成し遂げられるがじゃ」

武市が戻る土佐で、重大な事件が起きようとしています。

龍馬伝9話の見どころ【佐藤健 大河ドラマ】

個人的には、千葉道場に帰ってきた龍馬と、千葉重太郎(渡辺いっけい)に迫られるシーンが面白かったです。

何故なら、大河ではめずらしい、お笑い要素があったからです。

数年ぶりの千葉道場。

稽古後、千葉重太郎(渡辺いっけい)が龍馬を呼び出します。

千葉重太郎「君も足を崩して飲め!」

龍馬「ほんならいただきます」

千葉重太郎 「ぼくはキミが好きだ」

龍馬は思わず、お酒を吹き出します(ホモかよ)

千葉重太郎「人柄に惚れてるという意味だ!」

千葉重太郎「ところで千葉佐那(貫地谷しほり)のことをどう思っている?」

千葉重太郎「大人びて、色気も出てきたと思わないか?」

千葉重太郎「気が利くなあ佐那!気が利くよなあ?坂本くん!」

千葉重太郎「この魚、佐那が作ったのか? 佐那 が作ったんだ、坂本くん」

千葉重太郎「いたたた、急に腹が痛くなってきた。佐那。坂本くんの面倒をしっかり見てくれ」

強引過ぎるww

このシーンめっちゃすきです

佐那は、龍馬に継がれたお酒を一気飲みw

BGMwww

心霊番組のBGMww

完全にコメディです。

坂本は逃げるように去っていきました。

しかし、龍馬はモテたんですね。

千葉佐那

こんな美人と結婚しなかったのですから。

龍馬伝9話の動画を無料視聴できるサイト【無料お試し】

龍馬伝の1話~48話は、3つのサイトで無料視聴が可能です(2022年5月現在)

龍馬伝を観れるサイト

  • U-NEXT(ユーネクスト)
  • TUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)
  • music.jp(ミュージックジェーピー)

動画配信サービスなら、ウィルス感染・広告がないので、ストレスなく動画を楽しめます。

\以下特別ページから5分で開始/

リスクなし!いつでも解約可能です。

龍馬伝9話

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)
閉じる