滝藤賢一:龍馬伝38話「霧島の誓い」【大河ドラマを無料で見る方法】

龍馬伝38話

龍馬伝の1話~48話は、3つのサイトで、無料視聴できます。

龍馬伝が見れるサイト

  • U-NEXT(ユーネクスト)
  • TSUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)
  • music.jp(ミュージックジェイピー)

ページ下部に「ツタヤディスカス」と「music.jp」のリンクあり

いますぐ龍馬伝を観たいなら、U-NEXTがおすすめです。

\31日間完全無料/

本サイト限定リンク

2022年5月1日時点の情報です。最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

この記事でわかること(目次)

史実:池内蔵太という男【龍馬伝38話をもっと楽しむ】

龍馬伝38話では、土佐藩出身の池内蔵太(いけくらた)が、海で亡くなります。龍馬より6歳年下で、龍馬と同じ郷士の出身でした。

池 内蔵太(1841年5月2日~1866年6月14日)は、幕末期の土佐藩の郷士。長崎から薩摩藩領鹿児島へ小型帆船・ワイルウェフ号を回航する途中、長崎県中通島の東、潮合崎沖において、暴風のため船が暗礁に乗り上げ転覆し死亡する。享年26歳。

引用:Wikipedia
池内蔵太
池内蔵太
ポイント
  • 池内蔵太は郷士and土佐勤王党and脱藩と、龍馬と共通点が多い人物だった
  • 脱藩後は長州下関外国船砲撃、天誅組の反乱、禁門の変などで名を馳せた
  • 龍馬は、海援隊を池内蔵太に任せるくらい信頼していた

あらすじ【龍馬伝38話 霧島の誓い】

龍馬伝の38話は、龍馬とお龍の新婚旅行のお話です。

慶応2年(1866)3月10日、坂本龍馬(福山雅治)とお龍(真木よう子)は薩摩に到着しました。

寺田屋の傷を癒やすため、龍馬が身を隠したのは、霧島連山を望む塩浸(しおひたし)温泉でした。

およそ3ヶ月間の旅。

龍馬とお龍は霧島山に登り、山頂で日本を引っ張っていくと宣言しました。

しかし、この時期から、時代が大きく動きます。

慶応2年(1866)6月7日、一橋慶喜(田中哲司)は、ついに長州に攻め入ったのです。

薩長同盟の成立により、回避できると思っていた第二次長州征伐が始まってしまうのです、、、

薩摩の小松帯刃邸では、長州攻めが決行されたことで、騒然となっています。

そんな時、龍馬が薩摩藩邸に到着します。

龍馬「なんで戦が?!!」

西郷隆盛(高橋克実)「薩長が手を結んだことは、幕府にしっかり伝えもうした。けんど戦が始まってしもうた」

小松帯刃(滝藤賢一)「高杉さんが陣頭に立って戦っちょります」

龍馬「高杉さん?そんなはずはないき!」

留学しているはずの高杉が参戦していると聞き愕然とする龍馬。

西郷「あんお方が戦列を外れるわけにはいかんじゃろ。長州兵4000に対して幕府軍は150000でごわんでな」

龍馬「150000?!西郷さん、薩摩は長州に援軍を送ってくれたですろうか?」

小松「まだごわす!」

龍馬「どおいてー!?どおいてじゃ?戦になったら長州を助けるとっ!」

西郷「薩摩が兵を出す時は…幕府を討つ時でごわす。江戸城を攻め落とすっとじゃ」

龍馬「いかん!それはいかんぜよ西郷さん!そんなことしたら日本中は戦だらけになってしまうぜよ!」

西郷「坂本さんー!長州も我々と同じ考えでごはん」

龍馬「ええっ?!」

小松「木戸さんも、もはや幕府と話し合うつもりはなか」

西郷「幕府と戦をせんで日本を変えるとは無理じゃてごわす!そいがどげんして嫌じゃち言わはるとなら坂本龍馬ちゅう奴には、舞台から降りてもらうしかありもはん」

愕然とする龍馬。

薩長同盟が結ばれたので、幕府は長州に手を出せなくなると踏んでいた龍馬。思惑が外れ、試練が続きます。

龍馬が薩摩から調達したワイルウェフ号。

五島列島沖で大嵐に遭い難破したとの知らせを受けた龍馬。

龍馬「え!?蔵田が、、蔵田が死んだじゃと!?」

龍馬「どーーいてじゃーーーあああ」

泣き崩れる龍馬。

第二次長州征伐と蔵田の死が、再び龍馬を変えます。武市半平太の時のように、、、

翌朝、社中のメンバーの前で静かに決意を語る龍馬。

龍馬「みんなあ、聞いてくれ。わしらは己の志を貫いてきたがじゃ。日本を異国の侵略から守るために、この国の仕組みを変えよういう志をな」

沢村惣之丞(要潤)「その通りじゃき!それを貫いたきこそ、薩長を結び付けるところまできたじゃき」

龍馬「けんど、これからはそう容易うはいかんがじゃき・・・」

陸奥陽之助(平岡祐太)「坂本さん、それはどういう意味ですか?」

龍馬「わしら亀山社中は長州と供に幕府との戦に加わる

亀山社中の一同「いっ、戦ー!何じゃとー!」

惣之丞「待ちや龍馬!わしらは喧嘩をせんと日本を変えるがではなかったか?」

陸奥「志を曲げるんですか!」

龍馬「曲げる?決して曲げん」

惣之丞「戦に加わるゆうがは曲げたも同じじゃき!!」

亀山社中の一同「そうじゃ!そうじゃ!」

龍馬「戦は…戦はもう始まってしもうたがじゃ!!!!

龍馬「今わしらが、今わしらが立ち上がらんとっ!!!!この国はのう無くなってしまうがじゃ!!!!」

龍馬「わしらはの、長州のためでも…薩摩のためでもなく…日本人として、日本人としてこの国のために戦うがじゃ!」

龍馬「わしらはの、わしらはー!舞台から降りる訳にはいかんがじゃき!!!」

薩摩は第二次長州征伐に参加しませんでしたが、裏切りではありません。もし長州征伐に薩摩が加わっていたら、長州は滅びていたでしょう。
薩長同盟があったから、薩摩は手出ししなかったのです。

長州藩士「高杉さん!大島が幕府の手に落ちました!」

高杉「大島は渡してもええ…戦いはこれからじゃ」

吐血する高杉晋作。

木戸貫治(谷原章介)「長州は負けん!」

高杉「幕府に長州の強さを見せちゃれー!」

船の上で指揮を執る高杉晋作

龍馬もいよいよ戦に出陣します

戦に行く前に、上野彦馬(テリー伊藤)の写真館に立ち寄った龍馬。

龍馬「わしがこれから行く道は、霧島山よりも険しい道でのう」

彦馬 「じゃあいきますけん、うぃ!」

彦馬 「あい」

懐から高杉晋作からもらったピストルを取り出し、写真を撮る龍馬。

いざ、第二次長州征伐へ!

39話に続きます。

龍馬伝38話の動画を無料視聴できるサイト【伊勢谷友介 大河ドラマ】

龍馬伝の1話~48話は、3つのサイトで無料視聴が可能です(2022年5月現在)

龍馬伝を観れるサイト

  • U-NEXT(ユーネクスト)
  • TUTAYA DISCAS(ツタヤディスカス)
  • music.jp(ミュージックジェーピー)

動画配信サービスなら、ウィルス感染・広告がないので、ストレスなく動画を楽しめます。

\以下特別ページから5分で開始/

リスクなし!いつでも解約可能です。

龍馬伝38話

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
この記事でわかること(目次)
閉じる